【新聞記事より】自宅担保に老後資金を調達

HOME > 新着情報

【新聞記事より】自宅担保に老後資金を調達

2020/05/11 

リバースモーゲージ(リバモ)は自宅を担保にお金を借り、元本を死後に相続人が自宅の売却か自己資金で一括返済する仕組みだ。自宅を「現金化」し、老後資金を調達できる手段として注目されている。これまで対象が一部の優良物件に限られていたが、潮目が変わりつつある。
「数年前に申し込んで断られた物件も、再挑戦すれば通る例は相当多い」。ある銀行のリバモ担当者は話す。リバモの最大のリスクは担保価値の下落だ。金融機関はこのリスクを回避しようと、都市部の優良物件に対象を絞る傾向が強い。だが、ここへきて様子が変わった。典型的なのは最大手の東京スター銀行の動向だ。もともと同行は、慎重姿勢が多い銀行の中では積極派だ。独自の担保評価手法の工夫などで、2019年3月時点で約1200億円のリバモ残高がある。それでも「月3千件の申し込みのうち3分の1は評価が難しく、断らずを得なかった」(東京スター銀)。そこで始めたのが外部との積極連携だ。まず、不動産業のハウスドゥと連携し、11月に同社子会社の債務保証付きリバモも扱い始めた。ハウスドゥは個人が自宅を売り、家賃を払って同じ家に住む「リースバック」事業の最大手。リバモと似たサービスだが、「不動産のノウハウを生かし、銀行がリバモの利用を断った家でも受け付ける例は多い」(ハウスドゥ)という。ハウスドゥはその経験を生かし、2年ほど前からリバモの保証事業を始めた。銀行が受け付け不可とした家でも自社の評価さえクリアすれば債務保証し、リバモが使えるようにした。同社は今回の提携を機に、リバモの保証事業を今後3年で現状の約12倍の累計306億円へふやす方針だ。実現すれば個人利用者の裾野が広がる。東京スター銀も「大規模駅から遠く、バスで往復するようなエリアは一般的に評価が困難だが、ハウスドゥなら対応し得る」と期待を寄せる。それでも評価が困難な物件は残る見通しなので、その「穴」を埋める対象にも着手した。20年度前半にも住宅金融支援機構が提供する保険付きリバモ「リ・バース60」の扱いを始める計画だ。リ・バース60は保険で担保割れリスクがカバーされ、対象物件に細かい制約はない。リバモには銀行型、保証型、保険付きの3タイプがある。東京スター銀は3タイプを扱うことで、これまで取りこぼしていた利用者のカバーに本腰を入れ始めた。同行以外にも2~3タイプのリバモを扱う銀行が現れている。20年は日本に本格的にリバモが定着するかを占う節目の年となりそうだ。

持ち家を生前に売却をし資金を得て、その後の生活が成り立つなら不安がなくなりますね。でも一体、我が家の評価がいくら付くのでしょうか…これが不安です。

【新聞記事より】介護 最低でも500万円 ~公的保険では不足 自前準備を~

2020/04/20 

人生100年時代、自分や配偶者だけではなく、親の介護に直面する可能性は十分にある。要介護になる確率は75~79歳で13%、85~89歳になると50%を超える。もし、親がその年齢にさしかかっているなら、介護のお金について早めに考えておく必要がある。
まず知っておきたいのは「公的介護保険ですべてを賄えるわけではない」(ニッセイ基礎研究所の三原岳主任研究員)ということ。要介護の度合いによって給付金額が異なり、原則1割は自己負担だ。生命保険文化センターが介護経験者に行った調査によると、住宅改造や介護用ベットの購入など一時的な費用の平均が69万円、一カ月の介護費用は同7.8万円。平均介護期間は54カ月強なので、合計500万円近くに上る。「実際にはもっとかかる」とファイナンシャルプランナーの畠中氏は指摘する。在宅介護か施設に入るかで金額が変わり、在宅は月額平均が4.6万円なのに対し、施設での介護は同11.8万円と2倍以上も高くなる。介護付きの有料ホームなどへの入居を考えるなら、金額の上乗せが必要になる。肝心なのは「親の介護は親のお金でする」ことだ。「親が介護に使えるお金をいくら持っているかを知り、事前に介護保険制度や近隣の施設を調べておくとよい」(畠中氏)。これは今後、あなた自身や配偶者の介護に直面したときにも当てはまる。老後資金が潤沢なら豪華な老人ホームに入れるし、ホームヘルパーを何人も雇って在宅で手厚い介護を受けることもできる。だが、定年直後には数千万の老後資金があっても、介護が必要になったときにいくら手元に残っているのかが重要だ。80代になったときにいくらぐらいお金が残るのかを試算し、それに見合った介護プランを考えておく必要がある。

両家で4人の親が健在の私。80~89歳でいつ介護が始まってもおかしくない年齢。自分の親の資産は把握してるが、主人の両親は全く知らず…そろそろ主人に確認してもらえって来た方がいい頃だと改めて思いました。

【新聞記事より】加給年金 誤解多く

2020/04/6 

厚生年金に20年以上加入した人(夫の場合で説明)が原則65歳になったときに年下の配偶者(妻)がいれば年39万円の「加給年金」が加算される。年金版の「家族手当」と呼ばれる制度だ。妻が65歳になると加給年金は打ち切られ、代わりに妻の年金に「振替加算」がつく。しかし加給年金や振替加算の仕組みは非常に複雑で誤解も多い。もらい損ねや、逆に過払いに伴う返還義務も発生しやすい。
誤解でよくあるのが加給年金は妻を持つ人だけがもらえるということ。実際には65歳未満の妻のほか、一定年齢までの子供がいれば受給可能だ。金額は対象が妻か、2人目までの子なら1人当たり年22万4900円。妻の分には通常16万円強の特別加算(夫の生年月日で異なる)がつく。対象が妻だけの人は年に合計約39万円、妻と子2人なら約84万円だ。妻に関しては妻が65歳になるまでもらえるので、年齢差が大きいほど有利だ。妻は事実婚も対象だが、子供は法律上の子であることが必要。再婚で都市の離れた妻に18歳までの連れ子がいる場合は「養子の縁組が受給の条件だ」。対象者の有無は原則、本人が65歳になった時点で判断される。「再婚する時期を迷っているなら65歳未満がお得」だ。
一方の振替加算。金額は妻の生年月日で異なり、80代は年20万円弱もらえる人もいるが、若いほど減り最低は年約1万5000円。1966年以降に生まれた人には振替加算はない。年上の夫に加給年金がついていれば、妻の65歳時点で振替加算は自動的にでる。気を付けたいのは年上妻。夫が65歳時点で妻は先に65歳を超えているので夫に加給年金は出ない。しかし、夫が65歳になると振替加算をもらえる。この場合は「自動ではなく、夫が65歳になる時点で振替加算を請求必要がある」。妻が年下でも、基礎年金を繰り上げ受給し夫に加給年金が付く前に妻が年金をもらい始めている場合は、請求しないともらえないことがある。

何通りもある夫婦の形、しかも年齢で支給体系が変わる…なので、本当に分かりにくい。年金受給が近くなったら、ご夫婦で年金事務所で確認に行くのが一番ですね。

【新聞記事より】1日単位の自動車保険 ~車両補償あるか確認~

2020/03/23 

親や友人の自動車を借りて運転する際、自動車保険の入り方によっては補償の対象外となることがある。そんなときに便利なのが、1日単位で加入できる自動車保険だ。加入方法や選び方、注意点などをまとめた。
1日型の自動車保険は、運転中の事故で他人をケガさせたり物を壊したりした時に補償する。保険料は補償内容で異なり24時間なら500~2500円だ。加入手続きは主にスマートフォンの専用サイトでできる。保険料はクレジットカードや加入者が契約する通信会社のスマホ利用料金と合算するなどして支払える。
では商品はどのように選べばいいか。損保各社は保険料が異なる3プランをそろえる。対人と対物の賠償は無制限、搭乗者傷害は1000万円という点には大きな差がない。異なるのは「車両復旧費用補償」の有無だ。車に損害出た時の修理費用や代替車両の購入費用などを補償する。各社で最も安いのはこの補償がないプラン。補償が付き保険料が異なるものは保険会社の「免責金額」に違いがある。利用者の自己負担額のことで金額は10万円と15万円が一般的。保険料が安いほど自己負担が大きくなる。FPの藤川さんは「日常的に運転しているかどうかでプランを選ぶのが一案」と助言する。普段から通勤や通学などで運転する人が旅行先などで利用する場合は初心者より事故を起こしにくいが、年に数回しか運転しない不慣れの人は万一に備え、車両補償のあるプランが安心だろう。

利用回数や複数人が契約する場合は割引制度もある。
その都度、自分に合った保険を選ぼう!

【新聞記事より】眼内レンズ 若者に浸透

2020/03/9 

強い近視を矯正する治療法の1つとして、レンズを目の中に入れる眼内コンタクトレンズ(ICL)が若い世代を中心に浸透してきた。手術で一度入れたら取り外す必要がないのが最大の特徴。まるで裸眼の視力が上がったような感覚になるという。角膜を削るレーシックより安全性が高いという報告も相次ぐ。ただ、比較的高額のほか、手元のピントがあわせにくい人もいるなど課題もわかってきた。医師とじっくりと話して選択しよう。
新たな近視矯正術として生まれたICL。レンズが承認を得た2010年から約10年がたち、国内の治療件数が増えて効果もはっきりみえてきた。ICLは、角膜の一部を3㍉㍍ほど切開して水晶体に載せることで矯正するコンタクトレンズだ。おわん上の四隅に、ツメのようなものがついている。虹彩の裏と水晶体の間に収納し、安定させる。手術は、点眼麻酔で実地。角膜の一部を切開してレンズを入れるが両目で20~30分程度で終わる。日帰り手術で実施し、直後は見えずらいこともあるが、遅くとも数日には見えるようになり、通常の生活ができる。当面は定期検査が必要だが、レンズの入れ替えや、点眼などの手入れは不要だ。
手術後数年間の患者の調査を実施した山王病院などの成績では、手術後5年以降もレンズを装着した視力は平均で1.2以上に保たれた。最近、ICLが普及している理由の1つが、安全性の高さだ。禁止矯正の手術では2000年代にレーシックが急速に普及したが、角膜を削る必要がある。削り方によっては見え方が悪くなったり、ドライアイを起こしやすかったりすることがある。角膜は再生しないため、一度削るとやり直しはきかない。ICLではこうした問題があったらレンズを入れ替えたり、取り除いたりもできる。
「必ずしもICLが良いとは限らない患者もいる」と聖路加病院の輿水医師は指摘する。多くの患者で基本的に近くから遠くまでがよく見えるようになるが、手元もごくごく細かいピントの調整はしにくくなる人もいるという。時計の修理やネイリストなど手元の細かい作業が必要な職業の人などには注意喚起したり、挿入するレンズの度を弱めに調整したりしているという、同病院では数時間かけてカウンセリングや検査を行う。

気になる費用ですが、自由診療で保険適用はないので、自己負担額として両眼で70~90万円台位はかかるようです…

【新聞記事より】自分で血圧コントロール

2020/02/25 

冬は血圧が高くなりがちな季節だ。ただ、高血圧は放っておくと動脈硬化につながり、脳卒中や心筋梗塞などの重大な病気のリスクが高まる。自分自身で出来る、血圧との上手な付き合い方とは。
高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺し屋)とも呼ばれる。血圧がたかいままにしておくと血管に負荷がかかり、知らず知らずのうちに動脈硬化が進む。そもそも血圧とは、心臓から送り出された血液が血管の壁を押す圧力のことだ。血液の量や血管の柔らかさなどで決まる。心臓が収縮して血液を送り出したときの値を最高血圧、心臓が拡張したときの値を最低血圧といい、この二つを測る。日本高血圧学会によると、診察室で測る値の場合、最高血圧が140ミリHg以上か、最低血圧が90ミリHg以上ある場合(140/90)高血圧と診断される。診察室では少し高めに出るため、家庭の値では、135/85以上が高血圧だ。血圧を正常に保つために、東京都あきる野市の池谷院長は「抹消血管を開くことが大切です」と話す。末梢血管は手や足などの体の末端にあり、体の隅々まで栄養や酵素を運んでくれる。この血管に血液が流れ込む抵抗が強いと血圧が上がるため、この血管を開くことが結果的に血圧を下げることにつながるという。手足の先が冷たい人や太り気味の人、喫煙者は要注意だ。
抹消血管を開くポイントの一つは有酸素運動だ。場所を選ばず、気軽に出来る、と池谷院長が考えたのが「ゾンビ体操」だ。①腹部に軽く力を入れて背筋を伸ばす②上半身を揺らして腕をぶらぶらさせる③同時にその場でジョギングか足踏みを1分ほどする④足をとめて両手を握ったまま胸の前でクロスし、何かを抱えるイメージで力を入れた後、20秒したら腕を下ろして脱力する。この流れを3セット繰り返す。「冷えを感じたときにすれば体も温まるし、温度が低いトイレや風呂場に行く前にやればヒートショック対策にもなります」
食事も重要だ。塩分を控えるよう心がけ、ドレッシングなどの量を少なめにするといい。血圧の上昇を抑える効果があるとされる成分のGABAも注目されている。大豆もやしに多く含まれる。最新の技術を使い、GABAを多く含むトマトの開発も進んでいる。野菜や果物を食べる以外にも、ラーメンなどのスープは少し残すという心がけも大事だという。

その時々の結果に一喜一憂せず、一週間や一カ月といった長期の傾向をみることが大切だそうですよ。

【新聞記事より】先進医療保障 ~白内障手術を対象外に~

2020/02/10 

生命保険会社の医療保険の「先進医療保障」で4月以降、白内障手術が対象外となる見通しだ。厚生労働省が昨年末、これまで先進医療として認めた手術法を外す方針を決めたため。白内障は高齢者がかかりやすくて手術も増えており、保険会社の先進医療特約の支払い件数の大半を占める。
厚労省は高度な技術を使う先進医療を選び、原則2年ごとに保険診療へ移行するかなどを見直している。先進医療は公的保険でカバーできず、高額な技術料などが自己負担分となる。保険会社は主に医療保険の特約として、この負担分を保障している。特約支払いの多くを占めるのが白内障手術。「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」と呼ばれ、濁った水晶体の代わりにレンズの一種をいれる。公的保険の使える単焦点レンズの手術と違って遠近ともにピントが合いやすく、眼鏡を使わないで済む。1件あたり60~70万円ほどと高額だが、手術する人が多い。先進医療特約は月数百円のわずかな上乗せ額のため、販売が伸びている。保険の恩恵もあり、先進医療の白内障手術は増加。厚労省によると、2018年7月から1年間で5年前の5倍近くの約3万4千件あった。ある大手生保は、先進医療特約の保険金支払件数の約9割がこの手術だった。加入後一定期間は保障を受けられない「待ち時間」のあるガン保険などと違い、多くの先進医療特約は加入後すぐの診断でも保険金が払われる。負担が重くなり、厚労省が先進医療から外すと決める前に、保障対象外とした生保もある。
厚労省の審議会は先月、多焦点レンズの手術を先進医療から外すと決定。4月から実施する見遠しで、連動して民間の先進医療保障も対象から外す。公的保険対象にもならなかった。すでに先進医療特約などに入っていて白内障手術を考えている人は、契約日にかかわらず4月以降は保険金支払いを受けられない。注意が必要だ。

今回見直しされるのが、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」と「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の2技術です。最終決定は2020年3月の厚労省の告示になります。

【新聞記事より】食道ガン「アツアツ」も注意

2020/01/20 

「鍋料理」が恋しくなる季節です。家族や仕事仲間などと一つの鍋を囲むと、温かい気持ちが自然に広がります。しかし、「温かい食事」はよくても、「熱い食事」は要注意です。アツアツの飲食物は食道ガンのリスクを高めるからです。喫煙、飲酒は食道ガンを確実に増やします。特にお酒とたばこの両方をたしなむ方に多くみられます。
日本では年間約2万3千人が食道ガンになり、1万2千人ほどが命を落とします。男女比で男性が女性の5~6倍も多いのは、このがんがたばこやお酒で増えるからです。50歳以上の男性で、たばこを吸う方、お酒をたくさん飲む方は定期的に内視鏡検査を受けると良いかもしれません。なお、野菜、果物は食道ガンの予防にプラスです。また、アルコールで顔が赤くなる人が深酒するのは特に危険です。食道ガンにかかる方は咽頭(のど)や口、喉頭などにもがんができやすいですし、咽頭や口、喉頭などのがんにかかった方は食道にもがんができやすい傾向があります。
国立がん研究センターは発がん性やがん予防効果についての科学的分析を行っています。この分析のなかで、喫煙と飲酒の食道がんに対する悪影響は「確実」とされています。熱い飲食物はたばこ、お酒ほどは影響が大きくないのは確かです。しかし、飲食や喫煙習慣が少ない一方、日常的に紅茶を飲むことで知られているイラン北部のゴレスタン州の住民を対象にした調査の結果、紅茶の温度が高いほど、お茶を注いでから飲むまでの時間が短いほど、食道がんのリスクが高くなることが分かりました。中国の調査でも、飲酒または喫煙と熱いお茶を飲む習慣が重なると食道ガンのリスクが高まることが分かってます。

喫煙者がお酒を飲みながら、鍋をアツアツで食べれば、食道ガンのリスクがすべて揃うことになりますね。くれぐれもご用心を!

【新年のご挨拶】

2020/01/7 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。
本年もより一層尽力をしてまいりますので
昨年同様のご配高賜りますようお願い申し上げます。
本年もよろしくお願いします。

株式会社 ライフデザイナーズ 一同

【冬季休業日のお知らせ】

2019/12/23 

早いもので2019年もあと僅かとなりました。
今年も一年間、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。

弊社の冬季休業日を下記の通りご案内いたします。

2019年12月28日(土)

2019年 1月 6日(月)

*上記期間中のお問い合わせに関しては、

2019年 1月 7日(火)
以降に、順次ご対応させて頂きます。

ページトップへ