【新聞記事より】四十肩・五十肩の対処法

HOME > 新着情報

【新聞記事より】四十肩・五十肩の対処法

2019/09/2 

突然肩に激しい痛みが起こって腕を動かせなくなる五十肩(肩関節周囲炎)。その名の通り50代で発症することが多く、40代で起こった場合は四十肩と呼ぶが、症状は変わらない。血行不良などによる肩こりとは違って炎症を伴うのが特徴だ。どこかにぶつけた訳ではないのに、肩関節の周囲に炎症が起こる。なぜ炎症が起きるのか、はっきりした理由は分かっていないが、肩関節を構成する部分が加齢などで変性することなどが想定される。
四十肩・五十肩は三段階で進む。最初は炎症を起こして痛みが強い急性期。次に炎症が治まるが鈍い痛みが続く慢性期があり、最後は痛みはないが動きの悪さが残る回復期になる。
まず、発症から3カ月程度までの急性期は「炎症が強いので無理に動かさないこと」無理に羽後砂州と炎症が強くなり、損傷を起こすこともある。なるべく動かさず、痛みが治まるのを待つ。この期間、整形外科に」かかると、消炎鎮痛剤などが処方される。発症後3カ月から1年ほどの慢性期は、激痛は薄れるもの鈍痛が残り、肩の動かせる範囲が限られてしまう。そのまま放っておくと関節内の腱などの組織が硬くなり動かしにくくなる。そこで、痛くない範囲で運動療法を始める。具体的には、肩関節を包む膜の「関節包」のストレッチや方甲骨を動かすようにする。さらに「腱板を構成する筋肉を鍛えることで肩関節安定する」という。
脇をしっかり締めたまま、肘から先だけを外に開く動作で腱板周りが鍛えられる。輪ゴムの円に両手の親指をかけて広げる「輪ゴム運動」がお勧めだ。痛みを感じたら無理をせず、毎日少しずつ続けていこう。多くの場合、数カ月で肩を動かしやすくなる。これらの運動は予防にもつながるので四十肩・五十肩が心配な人は早くから習慣にしてほしい。また、猫背は肩に負担がかかり発症しやすくなる。正しい姿勢を心がけ、腹筋や背筋などの体幹部の筋肉を鍛えることも予防に役立つ。

気温が下がる冬場にかけて発症することが多いらしいので、発症してない人は今から輪ゴム運動で予防しよう!

【新聞記事より】果物、そのまま食べて健康に

2019/08/19 

果物は糖尿病の他、ガンの予防に有効です。特に、食道ガンのリスクはほぼ確実に下がります。胃ガンや肺ガンでもリスクが下がる可能性があるとされます。アルコールは食道ガンのリスクを増やすことが分かっていますから、お酒が好きな私は意識して果物を取るようにしています。しかし、飲酒の影響を果物でチャラにはできませんので、誤解なきようお願いします。
果物を食べている人では糖尿病のリスクは低下しますが、フルーツジュースをたくさん飲む人では逆に糖尿病のリスクは上がってしまいます。フルーツジュースなど、糖を含む飲み物と発ガンについての関係はこれまで報告がありませんでした。しかし、7月、砂糖入りの飲料の摂取とガンの発症リスクに関連があるという調査が発表され、話題になっています。約10万人のフランス人(79%女性)を対象としたこの研究では砂糖入りの飲料と、ガン全般および各臓器のガンの発症との関連を調査しました。試験参加者がオンライン上で回答した飲食記録をもとに、各自の1日の砂糖入り飲料(果汁100%ジュースを含む)の摂取量を計算します。最長で9年にわたる追跡調査から、砂糖入りの飲料1日の消費量とガン発症の関連を調べました。その結果、フルーツジュースを含む砂糖入りの飲料を1日あたり100㍉㍑多く摂取すると、ガン全般の発症リスクは18%上昇し、乳ガンではリスクが22%上昇することが分かりました。
健康的なイメージがある果汁100%のフルーツジュースでもガン全般のリスクを12%高めることが確認されました。100%フルーツジュースにも、砂糖入り飲料と同じくらいの糖分が含まれています。特に、濃縮還元タイプの100%フルーツジュースでは、種類によって加糖も認められています。果物に含まれるβカロテンをサプリメントとして服用すると、肺ガンのリスクがかえって上昇することが明らかになっています。果物や野菜は、加工しないで、そのまままるごと食べることが1番良いのだと思います。(東京大学病院准教授)

お酒が好きな私は意識して果物をとるようにしています・・・
チャラには出来なくても、果物を食べようと思いました!

【夏季休業のお知らせ】

2019/08/5 

暑中お見舞い申し上げます。
厳しい暑さの毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
この暑さはまだしばらく続きそうです…。
皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

弊社の夏季休業日を下記の通りご案内いたします。

2019年8月13日(火) ~2019年8月16日(金)

*上記期間中のお問い合わせに関しては、
2019年8月19日(月)
以降に、順次ご対応させて頂きます。

【新聞記事より】年金=「保険」の心得~長生きリスクに備える~

2019/07/22 

老後資金に関する金融庁の報告書に対して「年金をもらえないなら保険料を払わない」という極端な反発も聞かれた。しかし実際は、払った保険料よりは多くの年金を受け取れるというのが年金財政の見通しだ。会社員と専業主婦のモデル世帯では、2015年時点で40歳なら老後、平均余命まで生きた場合に受け取れる年金の総額(定額の国民年金と収入に応じて変わる厚生年金の合計)は、払った金額の2.4倍になる。専業主婦は保険料を払わずに国民年金をもらえるので、モデル世帯は計算上有利だ。そこで夫の分だけを独自試算すると、1.8倍だった。国民年金だけの人も1.5倍もらえる。現役世代が減り受給世代が増えているため、今の若い世代は親を扶養する負担が少ない面がある。負担と給付の関係は総合的に判断する視点も大切だ。なぜ払った保険料を給付が上回るのか。国民年金の財源の半分は税金であり、厚生年金保険料の半分は会社負担だからだ。給付は老後の年金だけではない。病気やけがで働けなくなれば障害年金が、大黒柱がなくなれば遺族年金がもらえる。老後資金に詳しい立正大学の林教授は「年金はお得な仕組み。フル活用したい」と話す。ただ年金を損得だけで考えるのは間違いだ。年金の本質は保険料を払って「長生き」「障害」「大黒柱の死亡」という人生のリスクに備える「保険」。法律の正式名称も厚生年金保険法だ。例えば火事が起きないからといって、火災保険料が損だと思う人は少ない。本質は保険と理解すると、様々な判断基準が変わる。例えば繰り下げ受給。本来の受給時期である65歳から5年分遅らせれば金額は42%増える。もらわない5年分を取り戻す「損益分岐年齢」は81歳だ。もっとも年金が増えると税・社会保険料も増えるため、手取りの増え方はやや小さくなる。手取りベースの損益分岐年齢は84~87歳前後に延びることも多い。損得で考えると微妙な面もある。しかし「年金保険」という基本に立ち戻ると「長生きリスクに備えて繰り下げで金額を増やしておく選択の重要性が増す」(林教授)。繰り下げで年金が入らない時期を乗り切るためにも堅実な資産運用での自助努力は大切だ。今後も少子高齢化は進む。年金財政にはかなり織り込まれてはいるが、対策は万全ではなく、財政が予想より悪化すれば冒頭の倍率も下がりかねない。現役世代の減少に応じて年金額を調整する「マクロ経済スライド」をより強化するなど一層の改革が急務だ。

支払った以上+α(障害年金等)年金制度を良く理解すれば、間違えた不満も少なくなりますね。ゆとり部分は自助努力。先を見越してコツコツと先取り貯蓄。その先として税制を優遇したiDeCoや積立NISAがあるのという事です。

【新聞記事より】「遺伝が原因」5%にすぎず

2019/07/1 

がんは遺伝子の損傷による細胞の不死化が原因となる「遺伝子の病気」です。しかし、遺伝はがんの発生要因の5%程度にすぎませんから、遺伝する病気という見方は誤解です。たしかに、生殖細胞の遺伝子の異常が代々受け継がれて、特定のがんが発生しやすい家系も存在します。米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんもその一人で、遺伝子検査の結果、BRCA1という遺伝子の異常が発見されたため、乳腺組織と卵巣を予防的に切除しています。すべての遺伝子は父母から1つずつ受け取りますが、母親から受け継いだBRCA1遺伝子に異常があったようです。彼女の身体のすべての細胞は、異常なBRCA1遺伝子をもった卵子と正常な精子が合体した受精卵から作られましたから、血液の細胞を採るだけでこの遺伝子の異常が分かったのです。
こうした家族性腫瘍はがん全体の5%にすぎません。ほとんどの“遺伝子の傷”は身体の細胞(体細胞)に後天的に生じるものです。どの遺伝子が傷つくかはランダムに起こりますので、がん運の要素も多い病気と言えます。禁煙など生活習慣の改善で遺伝子変異のリスクは大きく減らすことはできますが、完璧な生活でもがんを完全に防ぐことはできません。がんは運にも左右される病気です。ある意味、がんも人生の一部だと言えるでしょう。
一方、分子生物学の進歩によって、発がんの原因となる遺伝子変異の解明が進んでいます。がんのほとんどは、体細胞の遺伝子の偶然的な損傷によって発生した不死細胞が10~30年といった年月をかけて増殖したものです。遺伝性のがんを除くと、全身の細胞の遺伝子には異常はありませんから、発がんの原因遺伝子の特定にはがん細胞を摂取する病理診断が必要になります。なお、がん細胞にできた突然変異は次の世代に遺伝しません。

がん細胞の遺伝子異常を網羅的に調べ、個々のがんに適した治療を行う”がんゲノム医療”が始まろうとしているそうです。期待しましょう!

【新聞記事より】眼内レンズ、入れ替え不可

2019/06/17 

白内障の手術では、濁った水晶体を取り除いた後に、眼内レンズを移植する。遠近どちらか一方にピントの合う「単焦点レンズ」と、遠くも近くも見える「多焦点レンズ」がある。単焦点レンズは術後もメガネが必要だが、多焦点レンズなら老眼も治り、眼鏡から解放される。最近、3つの焦点を持つ多焦点レンズが国内で許可され、先進医療の対象として認可施設で使用が可能となった。多焦点レンズは夢のようなレンズだが欠点もある。光を複数の焦点に分けるため夜行街灯に光の輪が見え、暗い所では小さい文字が見えづらい。納得の上、手術を受けても、移植された多焦点レンズの交換を希望して来院される患者さんがいる。眼内レンズの直径は6㍉㍍で手術の創の大きさは2~3㍉㍍。レンズは水晶体を包んでいるカプセルという透明な薄い袋の中に移植され、カプセルはクモの巣のように繊細な組織で眼内に固定される。術後1~2週間以内であれば、前のレンズを眼内で切断して新しいレンズを再移植することが、技術的には可能だ。しかし、時間がたっていると、カプセルはしっかりと眼内レンズを包み込み、真空パックしたような状態で固まっている。無理して摘出しようとすると、最悪の場合カプセルも取れてしまい、眼内レンズを再移植する場所がなくなってしまう。手術後に角膜が濁ってしまうこともある。また、再移植された眼内レンズは、初回手術できれいにカプセル内に移植されるレンズとは微妙に位置が異なるため、術後、希望通りの見え方にならないこともある。どの多焦点レンズでも万人向けのものではない。中には単焦点レンズの方がふさわしい人もいる。眼内レンズの選択は慎重に。主治医と十分納得がいくまで相談して決めてほしい。多焦点・単焦点にかかわらず、いったん移植されたレンズは交換不能だ。一生涯大事に使うものと心得ていただきたい。(秋葉原アイクリニック 赤星)

多焦点レンズの街灯の眩しさの許容範囲は人それぞれですが、夜に運転をする方は特に注意が必要ですね。

【新聞記事より】がん治療法 ともに選べるように

2019/06/3 

私たちのグループは、がん治療の現場でも広まっているセカンドオピニオンについて、関連する実態調査と分析を放射線治療装置メーカーのバリアン社と共同で行いました。対象者は、特定の臓器のがんの診断を受け、診断期間を覚えてる1032人です。子宮頸がん、前立腺がん、肺がん、頭頸部がん、食道がんなど、放射線治療単独あるいは抗がん剤との併用で、手術と同等の効果が期待できるものが中心です。ガンの種類を問わず、約9割は医師から手術を推奨され、ほとんどそのまま治療を受けていました。一方、放射線治療は2割強が受けるにすぎませんでした。たしかに、自分自身が治療方針に積極的に関与したいのは3割にすぎず、すべて医師任せの人が3割もいました。セカンドオピニオンはほぼ全員が知っていましたが、半数は名前を知っているにすぎず、実際に受診をしたのは2割にとどまりました。ただ、乳がん、前立腺がんの患者では受診経験者が比較的多くいました。また、放射線治療を受けた患者は治療方針に積極的に関与する人が多く、セカンドオピニオンの受診率も高い傾向にありました。
大きな問題は、患者の意向が十分満たされていない点です。複数の治療法(医師が勧めるもの以外の治療法)を知りたいと思っていた患者の割合は7割強でしたが、実際に他の治療法に関する説明を受けた患者さんは4割強にすぎませんでした。がん患者は治療法の選択肢について多くの情報を得たいと思いながら、実際には選択肢が提示されていない実情が明らかになったと思います。放射線治療を受けた患者の満足度は手術患者より高いという結果も出ています。セカンドオピニオンを含め、十分な情報をもとに判断することが大切です。患者さんが医療者とともに治療法を選ぶ体制が望まれます。(東京大学病院准教授)

インターネット等で調べる事が出来ない人もいます。
最初から治療法を提示するようにしてもらいたいですね。

【新聞記事より】血圧の目標「130/80未満に」~学会が指針を改定~

2019/05/27 

日本高血圧学会は4月、高血圧治療の指針を5年ぶりに改定した。新たに75歳未満の成人すべてが目指す降圧目標を設け、収縮期血圧130ミリHg/拡張期血圧80ミリHg未満と定めた。
指針では、120/80未満を「正常血圧」とし、これまで「正常域」としていた130~139/80~89を新たに「高値血圧」と分類。薬による治療を始める目安となる高血圧症の診断基準は140/90以上で変わらない。
隆圧目標は診断基準とは違い、脳卒中や心筋梗塞などを予防するために目指すべき値。高値血圧では合併症がある場合を除き、血圧を下げる薬は使わずに減塩や運動など生活習慣の改善で目指す。
国内の高血圧患者は約4300万人。診断基準よりも隆圧目標を厳しくした理由について、学会は、国内外の様々な研究結果から、血圧をより下げた方が脳卒中や心筋梗塞などのリスクを減らせると考えたためとしている。
基準を巡っては、米国が2017年に診断基準を130/80以上に厳しくした。昨年指針を改定した欧州は140/90の基準を維持したが、高圧目標は可能であれば130/80未満とした。日本もこの流れに沿った形となった。

血圧が高いことは、脳卒中や心筋梗塞のリスクあるということ。高値血圧に入ったら、食事や運動の生活習慣を見直しましょう!

【新聞記事より】年金少ない親 介護施設は? ~要介護度や自治体で判断~

2019/05/7 

高齢者が入居できる介護施設にはいくつか種類があります。特別養護老人ホームは65歳以上の高齢者(特定疾病などがある場合は40歳以上)で、在宅介護の難しい人が暮らす施設です。原則「要介護度3以上」で入所できます。介護保険の対象となり、有料老人ホームのような入所一時金がかかりません。個室か多床室かによって変わりますが、基本サービスの範囲内であれば、月6万~15万円程度で暮らせます。要介護度1~2だと「介護型ケアハウス」が利用できます。入所料が数百万円と有料老人ホーム並みのところがありますが、20万~50万円程度の施設も多くあります。自治体から助成があり、低所得者は優遇されます。所得に応じて利用料が異なり、年収150万円以下の場合、介護付きで月10万~15万程度で探すことも可能です。どちらも都市部では施設が不足しています。自宅近くで探しがちですが、隣接県などに広げれば、待たずに入所できる確率が上がります。特養のある市区町村に住民票がある人を優先するところも多いので、条件を確認しましょう。住所優先基準がある場合、特養が空くまで待機するケアハウスは、特養と同じ地域で選んでください。
また特養を選ぶ際に見逃しがちなのが、「みとり」への対応です。施設により対応はまちまちで、容体が悪化すると病院に搬送されるケースが少なくありません。入所中に長期入院した場合の退去規定も要確認です。3カ月など一定基準を設ける施設もあり、退院できても戻る特養がないという事態になりかねません。終の棲家は近さよりも条件が重要です。

入所中に長期入院したら…そこまで頭が回りませんでした。そうなった時に慌てないよう確認が必要ですね。

【新聞記事より】年金 いつから受給?~損得より生活設計を見極める~

2019/04/22 

公的年金は、原則として65歳から受給できる。ただ、60~70歳の間なら自由に受給開始の年齢を決められる。65歳より早めるのが「繰り上げ受給」、遅らせるのが「繰り下げ受給」だ。繰り上げや繰り下げをすると、月々の年金額が変わる。65歳からの年金額を基準に、ひと月早めるごとに0.5%ずつ減額され、ひと月遅らせるごとに0.7%ずつ増額される。最も早い60歳から受給すると基準額より30%減り、最も遅い70歳から受給すると42%増える計算だ。厚生労働省によると、平均余命まで生きた時に受給総額が同じになるように、増減率が設定されているという。
では、受け取る総額はどう変わってくるのだろう。平均的な収入(賞与含めた平均月収が約42万8千円)で40年間働いた会社員のケースで考えてみよう。この場合、65歳から受給できる基礎年金と厚生年金の合計は、月約15万6千円(2019年度)だ。60歳に繰り上げると、年金月額は約10万9千円になる。早くもらえるが、受け取る年金の総額は77歳の手前で、65歳から受給した場合に逆転される。一方、70歳からに繰り下げれば、年金月額は約22万2千円になる。もらい始めるのは遅いが、受け取る年金総額は82歳の手前で、65歳から受給した場合を逆転して多くなる。どちらも、いったん逆転した後は、後から受給を始めた方が年金月額が多いぶん、総額の差は開いていく一方になる。仮に90歳まで生きた場合、60歳から受給したケースでは、70歳から受給したケースに比べて、年金総額は1400万円近く少ないことになる。
社会保険労務士でFPの小野さんは「安易に繰り上げを選ぶのは危険。いったん受給を始めると後からは変更できず、減額は一生続くことになるので、慎重に考えるべきです」と注意を呼びかける。

税金や社会保険料の負担もあるので、自分にあった選択ができるよう事前に良く調べましょう!

ページトップへ