【新聞記事より】脂質異常症 放置しない

HOME > 新着情報

【新聞記事より】脂質異常症 放置しない

2020/10/5 

健康診断でコレステロール値が高いといわれても、症状がなく放置する人も多い。しかし、脂質異常症は動脈硬化を進め、心筋梗塞など命に関わることもある。自分のリスクを知って、早く適切に対処したい。
「40~50代の4~5割は健康診断で何らかの脂質異常症がある」。国立長寿医療研究センター理事長の荒井氏はこう指摘する。脂質異常症とは、血液中の脂質のバランスが悪いこと。悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロール値が基準値より高い、善玉のHDLコレステロール値が低い、中性脂肪が高いなど、いずれかに異常値がある状態だ。
一方、コレステロール値が高くても特に症状がなく危機感を抱きにくいため、放置する人が多い。しかし、脂質異常症の状態が続くと、血管が硬くなったり、内側に死亡がつき血行が悪くなるなどの動脈硬化が進む。心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化性疾患や認知症を引き起こす。これらの病気は日常生活に支障をきたすうえに死亡要因の約24%を占め命に関わる。「動脈硬化性疾患予防のためにも早めに脂質を改善することが大切。最近では動脈硬化が新型コロナウイルス感染症の重症化のリスクを上げることもわかっている」。千葉大学医学部付属病院の横手病院長は警鐘を鳴らす。
治療の基本は生活習慣の改善だ。まずは食事を見直す。動物性脂肪などはLDLコレステロール値を上げるので控える。油についてはマーガリンならトランス脂肪酸を抑えたものを選び、青魚に多いn-3系油をとるように心がける。「ただし、もともと取っている量や体質により、食事の見直しによる効果の度合いが違うので、まずは数カ月続けてみる」(横手氏)
運動も欠かせない。ウオーキングや水泳などの有酸素運動を中心に1回30分以上、少なくても週3回行う。「筋肉が落ちる50代以降はスクワットなどの筋トレなども組み合わせるといい」(荒井氏)
低~中リスクの人は食事と運動で数値が改善する傾向にある。「3~6カ月生活習慣を変えても改善しない場合には薬による治療を考える。低リスクの人は不要なことも多いが、高リスクの人は早めに検討する」(横手氏) 治療薬でまず使われるのが肝臓でのコレストロールの合成を抑えるスタチン。効果が十分に出ない場合は、小腸からのコレステロールの吸収を抑制するエゼチミブなどを併用するのが一般的だ。

まずは、自分のリスクの度合いを見極め
根気強く脂質異常症を改善していきましょう!

【新聞記事より】公的介護 7割が在宅利用

2020/09/23 

《万が一、介護が必要になったらどこまで負担できるか心配だ…》
「まず介護保険でどんなサービスをいくらぐらいで受けられるかを知っておこう」。FPの豊田真弓氏はこう助言する。介護保険では主に在宅で受ける「在宅サービス」と公的施設に入居する「施設サービス」、夜間の訪問介護などに対応する「地域密着型サービス」の3つがある。かかった介護費は利用者が1~3割を自己負担し、残りは介護保険からの給付で賄う。
介護保険の受給者のうち居宅サービスを受ける人の割合は月平均で67.5%を占める。ホームヘルパーが来て食事・入浴などの世話をする「訪問介護」、施設に通って介護を受ける「デイサービス」、施設に宿泊する「ショートステイ」といったサービスがある。車椅子などの介護用品を借りたり、介護環境を整えるため住宅を改修したりすることも居宅に含む。施設サービスでは特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)といった施設に入居し、介護に直接かかわる費用が介護保険の対象となる。食費や住居費、洗濯代などの日常生活費は原則として含まれない。
では居宅と施設で費用はどれくらいかかるのだろうか。例えば訪問介護を利用する場合。厚生労働省の調査によると1人当たり給付額は2018度で月平均6万7000円となっている。自己負担割合をもとに試算すると、費用は月平均約7000~2万9000円という計算だ。施設は居宅に比べて高くなりやすい。ショートステイで特養を利用すると自己負担は1万1000~4万1000円だが、入居すれば2万8000~10万8000円。利用者の実際の負担額は、要介護度や一定の上限を超えた費用を払い戻す「高額介護サービス費」などによってケース・バイ・ケースだが、大まかな目安にはなりそうだ。
介護では家族が満足するサービスをすべて利用しようとすると「予算は青天井になってしまう」と社会保険労務士の井戸美枝氏は指摘する。

介護保険の限度額を意識しつつ、家族がどこまでサポートできるのかを踏まえて必要なサービスを吟味しよう!

【新聞記事より】差額ベッド代 本当に必要?

2020/09/7 

「念のため入院して検査をしましょうか」。都内に住む会社員のAさんは90代の母が体調を崩して運ばれた病院でこう提案された。ただし大部屋は満床で、1日1万1000円の個室しかないという。「検査の結果次第で入院が長引くと、10万円以上になるかもしれない」とAさんは不安を漏らした。
個室などに入院した場合に病院から請求されるのが「差額ベッド代」だ。1室のベッド数が4床以下で、1人当たりの広さが6.4平方㍍以上といった条件を満たすと対象になる。差額ベッドの内訳を部屋のタイプ別にみると1人部屋が全体の7割弱を占め、1日当たり平均料金は7,907円となっている。利用者は高齢者が多いとされ、入院日数も長引きやすい。仮に1人部屋に30日入院すると、平均料金の単純計算では約23万円になる。しかもこうした費用は全額自己負担だ。1カ月の医療費が多額になった場合に自己負担額を一定限度に抑える高額医療制度があるが、差額ベッド代は対象外。確定申告に医療費控除も原則として受けることはできない。
ただし病院から差額ベッド代を請求されても、実は払わなくていい場合がある。厚生労働省が病院向けに出した通知で、差額ベッド代を患者に請求できないケースを3つ示しているためだ。まず患者の同意がないケースだ。病院は差額ベッド代が生じる個室などに入院させるときは患者に説明し、室料を記載した同意書に署名をもらう必要がある。2つめは治療上の必要がある場合だ。手術で症状が重篤なため安静にしなければならないときなどが該当する。3つめが病棟管理の必要性から入院させる場合。例えば感染症の患者の感染防止のため個室に入れたり、差額ベッド以外に空きがなかったりするときだ。
しかし「厚生労働省の通知を十分に理解していない病院もある」ので確認を求めることが大切だ。

差額ベッド代の同意書を持ち帰りたいと要望することは可能です。冷静になり、3つの条件に該当しないか確認することが大切です!

【新聞記事より】加齢臭は何歳から?

2020/08/24 

Q.「加齢臭」どんな臭い?
A.臭いの感じ方は人によって違うけれど、例えるなら「図書館にある古い本」のような臭い。加齢臭は文字どおり、年齢を重ねると出るようになる。
Q.何歳くらいから臭うの?
A.40歳を過ぎた頃から。皮膚のうるおいを守る皮脂に含まれる成分は年齢とともに変化し、中高年になると、パルミトオレイン酸と過酸化脂質という物質が増える。このパルミトオレイン酸が過酸化脂質によって酸化されて発生するノネナールが、加齢臭の正体。資生堂が1999年、高砂香料工業との共同研究で、中高年の嫌な臭いの原因物質がノネナールだと世界で初めて発見。加齢臭という言葉もこの時から使われるようになった。
Q.男女の違いはあるの?
A.パルミトオレイン酸と過酸化脂質は男女に関係なく中高年になると増えるから、「加齢臭=オヤジ臭」は誤解。ただ、男性はスーツを着回すことも多いから、服に加齢臭が染みついてしまって、一般的に女性よりも強い臭いを放っているかもしれない。マフラーやストールなど頻繁に洗濯しないものには臭いが残りやすいから、女性にとってもひとごとではない。
A.体のどこから臭うの?
Q.ノネナールは主に全身の皮膚の表面から発生するけど、皮脂が多い顔や背中などは特に注意が必要。加齢臭などの体臭を抑えるためには、外出前に」シャワーを浴びたり、制汗剤やボディシートなどのデオドラント製品を使ったりするといい。体の内側からできるケアとしては、バランスの良い食事を心がけるといい。
A.お父さんに教えます。
Q.ただ、気にしすぎも良くない。周りが不快にならない程度でも「自分は臭う」と思い込んでいる人もいる。臭いは悪い面ばかりじゃなくて、体の状態を知る手がかりになることもある。例えば、糖尿病の人は体内でアセトンという物質が増えることで、呼気から甘酸っぱい臭いがすることがある。資生堂の研究では、緊張による心理的ストレスを感じると硫黄化合物のような臭いが皮膚から発生することが分かっていて、「ストレス臭」と呼んでいる。

加齢臭、汗をかくシーズンはより気になりますね。
清潔を保ていれば、過剰に意識しなくても良いようです。

【夏季休業のお知らせ】

2020/08/3 

暑中お見舞い申し上げます。
ようやく梅雨が明けましたね!
まだ、体が暑さに慣れていません。
それに今年はマスク着用もあります。
皆様、くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。

弊社の夏季休業日を下記の通りご案内いたします。

2020年8月12日(水) ~2019年8月14日(金)

*上記期間中のお問い合わせに関しては、
2020年8月17日(月)
以降に、順次ご対応させて頂きます。

【新聞記事より】死亡リスク高める座りすぎ

2020/07/20 

在宅勤務中の20代~50代男女(会社員)を対象にしたあるアンケートの結果、約8割の人が、「座って仕事する時間が増えた」と回答しています。1~3時間増えたが4割強で最も多く、3~5時間が約2割、5時間以上の回答も2割弱ありました。また、「自宅で出来る運動をしている」のは半数以下でした。30分に1回立ち上がって動いたり、強めの「貧乏ゆすり」したりするとよいと思います。もともと、世界でも座って仕事をする時間がトップクラスの日本で、新型コロナ感染症は座りすぎをさらに助長させているわけです。紹介した調査でも、6割弱の人が、「在宅勤務になり体への影響がある」と答えています。
座りすぎはガンを増やすという多くの研究結果が出ています。しかし、座っている時間については自己申告でしたから、正確さに欠ける問題がありました。6月、一流医学誌に掲載された米テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究では、対象の約8,000人に加速度計を装置してもらい、座っている時間と動いている時間を連続する7日にわたって、正確に調べました。その結果、肥満や喫煙などのリスクファクターを調整しても、長く座っている人にがん死亡が多いことが明らかになりました。
がんで亡くなった268人を、座る時間の長さで比較したところ、最も長いグループは最も短いグループに比べて82%も死亡リスクが高いことが分かりました。この研究では、座っている時間30分をウォーキングなど軽度な運動にあてることで、発がんリスクを8%下げることができるとしています。さらに、中度の運動に置き換えれば31%もリスク低下につながるといいます。座りすぎはがんを増やすだけでなく、心にも悪影響を与えます。1日12時間以上座っている人は、6時間未満の人と比べて、メンタルヘルスの悪い人が約3倍も多いという調査もあります。
コロナ禍は在宅勤務という新しい勤務形態を広げました。しかし、長時間じっと座っていることは危険です。在宅での「働き方改革」を進める必要があるでしょう。(東京大学病院 中川准教授)

30分に1回、集中すると忘れそうですが…水分補給・屈伸・トイレ等を30分ごとに取り入れてみましょう!

【新聞記事より】暑い日にマスク、息苦しく熱中症が心配

2020/07/6 

Q 最高気温が30度を上回る日もあり、蒸し暑い日が続きます。新型コロナの感染を防ぐためにマスクを着けると、息苦しいです。熱中症も心配です。

A 夏用のマスクとして、通気性のよいものや、保冷剤を入れて、冷たく感じさせるものなどが販売されています。観戦防止の観点からは、これらのマスクを過大評価も、過小評価もしてはいけません。
まず、通気性のよいマスクの場合、隙間を多くしているため、ウイルスもはいりやすくなっています。息苦しさを減らして暑くても着けやすくすることと、ウイルスの侵入を防ぐことは、相反するトレードオフの関係にあるということです。ただ布マスクと同様、一部の大きい飛沫を抑える効果は十分あるでしょう。
暑い中、マスクを着けていると蒸れて、マスクを外して汗をぬぐいたくなります。もし外す場合は、感染のリスクが低い場所を選ばなくてはいけません。また、呼吸は体温調節機能にも関係しています。マスクを着けていることで、熱がマスク内にこもったり、息苦しいために体に負担がかかったりする恐れがあるという認識も必要です。
ただ気を付けてほしいのは、マスクを着けていてもいなくても、熱中症は起こり得るということです。防ぐには、マスクを外すことだけではなく、水分や塩分をこまめにとることをより意識する必要があるでしょう。外出時にマスクを外したくないがために、水分をとるのが遅れるようなことは、避けなければいけません。聖路加国際大学・大西准教授

マスクをしているからこそ、「水分・塩分をとること」をより意識しないといけませんね。

【新聞記事より】私亡き後、この子はどう生きる

2020/06/22 

私が死んだら、この子は生きていけるのか…。長引く引きこもり状態の子がいる親たちに共通の、切実な悩みです。専門家が指摘するのは、引きこもった事情に応じた支援だけではなく、経済的な備えの必要性です。
親の死後も子供が生きていける「サバイバルプラン」を考える活動を続けるファイナンシャルプランナー・畠中さんに話を聞いた。
<サバイバルプランとは>
共倒れを防ぎ、子供に安心感をもってもらう為の戦略です。働けない現実を受け止め、親の資産を直視することから始まります。カウンセリングなどと同時並行で進めた方がいいケースもあります。うまくいくケースでは、たいてい親が覚悟を決めています。子供の為に早く始めてほしいと思います。
まず今の資産で子供が何歳まで暮らせるか、預貯金や不動産、生命保険も全て書き出し、総額をつかむ。親の死後、ライフラインに必要なお金が滞らないよう、子供名義の預金を作り、公共料金の名義替えも早めにしていくといいでしょう。
<長期的に必要なことは>
ひっこもりの子が一生住める家の確保です。家が古い場合は建て替えが必要。減築をして住居面積を減らしたり、都市部なら賃貸併用住宅にしたりすることも考えます。
自らの介護状態への備えも。親が要介護の認定を受けても、ヘルパーとのやりとりが子供には難しいことも多い。元気なうちに自分の資産で入居できる介護付き有料老人ホームなどの見学もお勧めします。
親戚や専門家に何かを頼むかも整理しなければいけません。行政の窓口も増え、社会の理解は進んできました。ご家庭で就労の話をするなら正社員を前提にせず、月に3万~5万円でも稼いでくれれば大丈夫、という環境をつくることが大切です。

俗に言う「8050問題」。残していく子供の生活を整える…資産がある人なら可能だが、一般的な人は自分の老後の事で精一杯。何でも行政に頼ってはいけないが、どうにかならないものか…

【新聞記事より】年金繰り上げ選択慎重に~減額、長生きで不利に~

2020/06/8 

老齢年金の受け取りは通常65歳からだが、希望すれば60~70歳の好きな時期から始めることができる。このうち60~64歳に前倒しするのが繰り上げ(66~70歳は繰り下げ)だ。基礎年金(国民年金)と厚生年金があれば同じ時期から受け取れる。メリットは決まった収入を早く得られる。1カ月単位で時期を選ぶことができる。手続きは年金事務所でする。
早くもらう代わりに年金は減額される。1カ月ごとに0.5%ずつ金額が減る(繰り下げは0.7%ずつ増える)。1年早い64歳なら6%、5年早い60歳だと30%減額される。しかも「減った金額は一生続く。65歳になれば本来の額に戻ると勘違いする人もいるが、戻らない」と社会保険労務士の望月氏。もらい始めた年金は一定期間を過ぎると合計金額で通常の65歳開始に追いつかれる。この年齢は例えば60歳だと76歳8カ月、64歳は80歳8カ月で、それより長生きするほど金額の差は開いていく。年金事務所ではこうした制度の概要を説明する。開始時期を早くするほど注意が必要だろう。5月末に年金改革法が成立し、1カ月0.5%の繰り上げ減額率は22年4カ月から0.4%に縮小する。「見直しで繰り上げを考える人が増えそうだ」と社会保険労務士の井戸氏。従来より受給額は増え、年金の合計額が65歳支給に追いつかれる年齢も4歳以上延びることになる。
ただ、繰り上げのデメリットは減額だけではない。障害や遺族など他の年金の支給が制限される。傷害のある人を支える傷害基礎年金は、65歳以前に初診日がある傷病が対象となる。「繰り上げると受給上の年齢は65歳とみなされるので、その後で傷害を負ったり、状態が悪化したりしても傷害基礎年金は請求できない」遺族年金は65歳前は老齢年金と併給できない決まりがある。このため年金を繰り上げた妻は、自分が65歳になる前に夫がなくなると、減額した自分の老齢年金か遺族年金のどちらかしか受け取れない。65歳になれば併給できるようになるが、自分の年金は減ったままだ。

繰り上げはいったん請求したら取り消しはできない。制度をよく理解したうえで、自分や配偶者の健康状態なども考えて選ぶ必要がありそうですね。

【新聞記事より】損保の再保険費4~5割高く

2020/05/25 

自然災害の多発で、損保保険会社が負担するコストが増える。損保各社が多額の保険金支払いに備えるために入っている再保険の費用は、2020年度から4~5割上がる見通しだ。大手では最大数百億円規模で負担が増える。大型台風が相次ぎ、浸水被害などの補償が膨らんでいるためだ。契約者が負担する火災保険料のさらなる引き上げにつながりそうだ。
損保各社は、台風や地震などの自然災害やテロなどの巨額の保険金の支払いが見込まれる保険について、別の保険会社にリスクの一部を引き受けてもらう再保険に加入している。このほど損保会社と再保険会社の交渉がまとまった。日本の自然災害関連の再保険料は、20年度に平均で4~5割程度上がることになった。
米保険仲介大手のガイカーペンターによると、再保険料の上げ幅は01年以降で過去最大。上げ幅は19年の12%、東日本大震災の影響が出た12年の14%も大きく上回った。再保険料の上昇は損保大手の火災保険の収支を直撃する。損保大手によると、再保険料は多い場合で1社数百億円規模で増える見通しだ。損保大手は契約条件の変更などで、再保険料の急騰による影響を最小限にとどめたい考えだ。災害への備えが薄くなるものの、再保険の支払い条件を厳しくすることも選択肢になる。損保大手の赤字幅はさらに拡大しそうだ。損保大手は19年10月に続き、21年1月にも利用者が負担する火災保険料を引き上げる。それでも当面の黒字化は難しい。収支を改善するため、契約者が負担する保険料の引き上げは避けれそうにない情勢だ。
再保険料が急騰した背景には、2年連続で1兆円を超える自然災害での保険金災害での保険金支払いがある。18年度は台風21号などの被害で、保険金支払額1.5兆円規模にのぼった。過去最大だった04年度の7000億円台に比べて大幅に膨らんだ。19年度も台風19や15号の影響で、保険金支払額は2年連続の1兆円台に達する見通しになっている。これまで、再保険会社は1兆円台の保険金支払いは「数十年に一度」と見積もってきた。多額の保険金支払いをカバーする再保険会社の収支が悪化し、日本での再保険の引き受けに消極的になっている会社も多い、

再保険料が上がると、必然と契約者の負担も伴います。
これ以上、自然災害が来ないことを祈るばかりです。

ページトップへ