新着情報

HOME > 新着情報

RSS

前のページへ 次のページへ

【新聞記事より】乱視の人の白内障手術

2016/10/11 

物が二重に見えたりぼやけたりする乱視。実は目玉の形が原因なのです。眼球はまん丸ではありません。乱視の人の眼は、上下や左右、斜め方向に押しつぶした形をしています。このゆがみの方向が乱視の軸と呼ばれるものです。乱視の軸を決めるのは、眼球表面の角膜とレンズの役割の水晶体のゆがみということになります。
濁った水晶体を取り除き眼内レンズを入れる白内障の手術後にも、目を切開する大きさによって乱視が起きることがあります。最近の手術では乱視をつくることがなくなりました。もともと角膜に乱視があれば、それは残ってしまいます。またこれまで角膜と水晶体の乱視でうまく打ち消し合っていた人は、水晶体を取ったために、角膜の乱視だけが残り、手術前よりゆがみが強くなることもありました。
こういった乱視の問題を解決してくれるのが乱視矯正用「トーリックレンズ」です。レンズにあらかじめ乱視の度数が入っており、水晶体を取り除いた後に移植すると、術前から存在する角膜の乱視を打ち消してくれるのです。

残念ながら、乱視用矯正レンズ「トーリックレンズ」はまだ周知されていません。白内障手術を検討の方で乱視の方は主治医の先生に積極的に相談しましょう。

【新聞記事より】ふるさと納税、家計で存在感

2016/10/3 

好きな自治体に寄付する「ふるさと納税」が家計での存在感を増している。家計管理アプリのマネーフォアードの調査によると、ふるさと納税を利用したことのある人は全体の43%に達し、26%は家計状況の改善を感じていた。地方の農作物や海産物、ブランド肉などの返礼品を受け取り、食費などを減らすのに役立てている様子がうかがえる。
8月下旬から9月初めにかけて32410人を対象に調査した。今年の新たなお金の使い方(複数回答)を聞いたところ、ふるさと納税は28%で2位。首位の定期貯金ちは僅差で、小額投資非課税制度(NISA)を上回った。ふるさと納税をした目的は「魅力的な返礼品がもらえるから」が64%でトップ。「税金の控除が受けられ、家計管理にお得」56%が続いた。

ふるさと納税は特産物のお取り寄せをしたら納税も出来てた!という手軽さが良いですね。リスクの伴う投資より手軽に出来、節税の結果が分かりやすいのが魅力です。

【新聞記事より】不妊治療保険、販売へ

2016/9/12 

晩婚化などで不妊治療を受ける人は増えているが、一部の治療は公的医療保険の対象外で1回数十万円かかることもある。そのため金融庁が4月に不妊治療保険の販売を解禁していた。今回販売となるのは、がんなど三大疾病の保障と、不妊治療への保障がセットになった保険。卵子を取り出す「採卵」や。受精卵を子宮に戻す「胚移植」の治療を受けた場合、6回までは5万円を、7回目~12回までは10万円を受け取れる。保険料は月1万円ほどで、16歳から40歳まで保障を受けられる。不妊の理由が男性側にある場合も保障される。ただ、契約から2年間は支払いを受けることができないという。子供が生まれた際は、1人目は10万円、2人は30万円を受け取れる。ただし、出産が契約から1年以内の場合は受け取れない。

高額な不妊治療の費用を保障する保険が、販売される事は不安がある人には嬉しいことですね。ですが、出生率をあげる為にも、不妊治療が公的医療保険で受けられることが一番だと思います。早くそうなってもらいたいですね。

【新聞記事より】最適な歩行時間は・・・

2016/9/5 

運動が体によいことは、みんな知っている。では、どれくらいすれば、どんな効果が期待できるのか。
健康への効果を示す端的な例は、死亡率が減ることだ。北海道大や名古屋大などの研究チームは、愛知県日進市で65歳を迎えた男性約1200人に協力してもらい、歩行時間と高齢者の死亡率との関係を調べた。ふだんの歩行時間や健康状態などを聞き、75歳になるまでの経過を追った。すると、健康に問題なく、1日2時間以上歩いている男性の死亡率は、30分未満の人と比べほぼ半分。1~2時間でははっきりした差がなかった。
調査では、代表的な病気の心臓病、脳卒中、がんの人についても分析した。科学的な差ははっきりしなかったのものの、1日1~2時間歩く人が最も死亡率が低い傾向だった。ただ、2時間以上では効果はみられなかった。「そこそこ」がよさそうな結果だ。「病気がちな人は、長く歩き過ぎることで、能力を超えた負荷がかかり、かえってよくないのかもしれません」北大研究員はそうみる。

夏場は熱中症にも注意が必要ですが、毎日の散歩は健康の秘訣のようですね。散歩を日課にしなくても、買い物や用事を済ます時等に、歩いて出掛ける事を意識しましょう!

【新聞記事より】IPT抗がん剤療法

2016/8/8 

「IPT抗がん剤療法」は、抗がん剤の量を、従来に比べ10分の1に減らせるという新しい治療法です。「抗がん剤は、効果は高いが副作用も強い。しかしこれは抗がん剤が少量ですむため、副作用がほぼ出ない画期的な方法です」と、日本におけるこの療法の第一人者・奥野先生。「副作用がないため、仕事をしながらでも治療できます。体力の低下した末期がんでも投与できる。私は、がんに効果があるという代替医療やサプリメントを多数調べてきた。その中でこれはやっとたどりついた、効果があって患者を苦しめない治療です」
治療の方法は「患者さんの状態にもよりますが、最初の3週間は、週2回の投与で集中的にがんを叩く。その後は週1回程度に減らし、2~3カ月で病状が落ち着くと言うのが治療の目安です」ガン患者にとって福音といえる方法ですが、現状の問題は、治療できる病院が限られてることと、保険適用外なので治療費がかかること。「抗がん剤は薬価が高いため、1回の治療費が6万円近くかかります。保険治療になって日本中の患者を救えるようになるのが私の夢です」との談。

まだ、始まったばかりの治療法。患者の苦しみを救ってくれるこの療法が、一刻も早く保険治療になることを望みます。

【新聞記事より】個人型DCとは・・・

2016/7/25 

個人型DCとは、別枠で所得控除が受けられるのが小規模企業共済という仕組み。国が作った「経営者の為の退職制度」だ。個人事業主や会社役員などが加入できる。掛け金の月額は1,000円から7万円までの範囲で選べ、全額が所得控除となる。商工会議所や金融機構などで申し込む。
運用は確定利回りで、退職や事業を廃止したときなどに受け取る。受け取り方法は「一時金」「年金」「2つの併用」のいずれかを選ぶ。一時金は退職所得控除、年金なら公的年金等控除の税制優遇がある。制度があまり知られておらず、加入者は対象者の3割程度にとどまる。
現在は自営業者や企業年金のない会社員しか加入できないが、来年からは原則誰でも入れるようにようになる。

退職金制度ない人、退職金をあてに出来ない人に老後準備金としてお勧めします。年金だけではゆとりのある生活は出来ません。税制に優遇された制度を活用して、自分で退職金を準備しましょう。私は小額ですが始める予定です。
前のページへ 次のページへ

ページトップへ