新着情報

HOME > 新着情報

RSS

前のページへ 次のページへ

【新聞記事より】糖尿病治療やめないで ~足切断・失明のリスク増~

2018/3/19 

主に生活習慣が原因でなる「2型糖尿病」の患者が自分の判断で治療をやめてしまう場合が少なくない。初期は症状が目立たないので、仕事などが忙しいとつい医療機関から足が遠のきがちだ。しかし、放置すると、足の切断や失明にもつながりかねない。治療中断が合併症を引き起こしていることを示す報告もある。九州大の福田准教授らは16年11月、2型糖尿病患者1万人以上を追跡調査した結果を専門誌に発表した。治療を始めて1年以内に中断した人は、受診を続けた人に比べ、網膜症や腎症、神経障害を発症する確率が1.8~2倍高かった。糖尿病と診断されて5年目以降の医療費の総額は受診を中断した人のほうが、受診を続けた人に比べて高かった。中断後すぐは医療機関を受診しないため医療費がかからないが、その後に合併症を発症して治療が必要になり、結果的に医療費が増えたとみられる。
最近、糖尿病患者はその後に認知症やがんなどにかかりやすくなるとの報告が相次いでいる。その原因として、インスリンが働きにくくなったり高血糖が続いたりすることで、体内の細胞を保護する機能が低下したり、細胞内のストレスが増えたりする可能性が指摘されている。

仕事が忙しくても、自覚症状がなくても、治療費がかかっても、自分の為に治療を続けることが大切です!

【新聞記事より】帯状疱疹 広がる選択肢

2018/3/5 

痛みを伴い帯状に発疹や水ぶくれができる帯状疱疹。重症化すると、発疹が治まっても激しい痛みが続くこともある。1日1回飲めば良い新たな薬が昨年、承認された。
帯状疱疹は、水疱帯状疱疹ウイルスによって起こる。このウイルスに初めて感染すると水疱瘡になり、全身に発疹ができる。発疹が消えた後もウイルスは体内の神経の根元に潜み、加齢や強いストレス、疲労により免疫力が落ちると再び活発になり発疹などを引き起こす。患者は50歳ごろから増え、60~70代が多い。80歳までに3人に1人が発症するとされる。従来の薬は、1日3回2錠ずつのむタイプで、成分が腎臓を通って尿から排出される。腎臓の機能が落ちた人に使う際は薬の量を調節する必要があった。昨年7月に承認されたアメナリーフは、ウイルスが増える際に必要な酵素の働きを妨げて増殖を抑える。1日1回2錠でよく、主に肝臓で代謝され便として排出されるので、腎機能が低くても薬の量を調節する必要はない。腎臓の血流低下を起こすことがある痛み止めの薬との併用もしやすい。
50歳以上には予防ワクチンの接種もできるようになり、治療や予防の選択肢が広がっている。

接種は自己負担で1回8千円~1万円程。発症を半分に抑えられ、発症しても神経痛になるリスクを6割ほど下げられる。痛みや後遺症を考えると、接種はアリだと思います。

【新聞記事より】納豆キムチTKGで便秘予防

2018/2/19 

運動不足になりがちな寒い季節は、便秘のリスクが高まります。便秘になると食欲不振や肩こり、肌荒れ、イライラなどの不定愁訴を招き、仕事や勉強の効率が下がりかねません。
女性や高齢者に特に多いのは、大腸の運動が低下して起きる「弛緩性便秘」です。運動不足や腹筋力の低下に加え、水分や食物繊維の摂取不足が背景にあります。予防には食生活の見直しが不可欠です。第一歩は朝食を取ること。便を体外に排泄するための腸のぜん動運動は、胃に食べ物が入ることで指令が送られて始まります。
最も手軽な便秘予防メニューは「納豆キムチ卵かけこはん(TKG)」。卵かけごはんに、キムチと納豆をのせるだけ。ぜん動運動を促して便のかさを増す。「不溶性食物繊維」が豊富なごはんと、腸内環境を整える乳酸菌が入ったキムチと納豆を一緒に取れる優れものです。
便秘といっても、精神的ストレスや環境の変化、便の停滞、他の病気などが原因になっていることがあります。ストレスなどで起きる「けいれん性便秘」の人は、不溶性食物繊維の摂取は控えめにしましょう

記事の最後に、便秘を防ぐ朝食をしっかり取って、排便を済ませてから登校・出勤する。きっと“運”もアップすることでしょう。とありました。なかなか上手い事いいますね♪

【新聞記事より】冷え症で寝付きが悪いワケ

2018/2/5 

眠そうな赤ちゃんの手足を触ると温かいのには理由がある。内山真・日本大主任教授は「睡眠には体温がかかわっている」と話す。
人間は昼間の活動中に体の内部の深部体温を高く保ち、夜眠っている間は深部体温を下げて脳や臓器の活動を抑えて休ませる。深部体温は起きる約2時間前から上がり、起床から14~15時間後に下がり始める。
1999年、スイスのバーゼル大の研究グループが手足の血管が拡張して皮膚温度が上昇することでスムーズな眠りにつながることを示した。皮膚から熱を体外に逃がし、深部温度を下げることで睡眠モードに入っていた。
内山さんは「ぬるめの風呂にゆったりつかると、手足の血管が広がって熱を逃がしやすくなる」と快眠のコツを助言する。逆に熱い風呂は深部体温まで上げてしまう。冷え症で寝付きが悪い人は手足からうまく熱を逃がせないので、足湯などで温めるのも効果的だ。
夏、熱帯夜に寝付けないのは室温が高くて深部体温を下げられないからだ。内山さんは「エアコンを効果的に使うとよい」と話す。

家族が多いとお風呂に入る順番もあるし、寝る前にお風呂に入れない方もいますよね。そういう方は文明の利器、電気あんか・電気毛布を上手に使いましょう!

【新聞記事より】骨を元気に!ジャンプ運動が効果的

2018/1/22 

骨の健康に必要な栄養素を十分にとっていても、運動不足では丈夫な骨を作ることはできません。運動で骨に負荷がかかると、骨を作る細胞が活発に動き出します。成長期はもちろん、年を重ねてからも、体を動かすことで骨を鍛えることができるのです。骨にしなりを与えるようなジャンプ運動が最も効果的。激しい運動をたまにするより、軽くても、骨に適度な負荷がかかる運動を続けることが大切です。体力に応じてできる範囲で行いましょう。
60才くらいまでの人で体力に自信があれば「かかと落とし」がおすすめ。電車内や台所仕事の時などちょっとした時間にできます。もう少しハードでもよければ「ミニジャンプ」もよいでしょう。階段1段分を軽くジャンプして下りる程度で効果があります。年齢や体力に関係なく自分のペースでできるのは、軽いウォーキング。背筋を伸ばしておなかを引き締め、1日10分でも歩くとよいでしょう。
骨折防止には、骨の強度を高めると共に、転倒を防ぐための筋力やバランス、柔軟性も必要。筋力強化にはスクワット、バランス感覚を鍛えるには片脚立ちが効果的です。

かかと落としは60回、ミニジャンプは50回を目安に行うのがいいそう。ながら運動好きの私は歯磨きしながらつま先立ちをしてましたが、今後はかかと落としに変更します!

【新年のご挨拶】

2017/1/9 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。
本年もより一層尽力をしてまいりますので
昨年同様のご配高賜りますようお願い申し上げます。
本年もよろしくお願いします。

           ライフデザイナーズ 一同
前のページへ 次のページへ

ページトップへ